FC2ブログ

MOTOCENTRISM - MotoGPと世界のバイクニュース -

MotoGPを始めとした、世界のバイクに関するニュースを配信



スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツーリングレポート:GWツーリング 2011年4月28~5月6日 行程 総評

Category: ツーリングレポート  
DSC01266.jpg

毎年ゴールデンウィークと夏休みには色々かなぐり捨ててロングツーリングに出かけることにしています。

今年は2日と6日に先んじて休暇をもらい、10連休とした上で、8泊9日の旅にでかけました。
メインは中越、北陸地方とし、本州中域をぐるっと一周する旅程を大雑把に立て、出発しました。

この記事ではその行程の紹介と総括的な所感を書き、個別のレポートは別途記事にて詳細書いていこうと思います。

それではGWツーリングの行程は以下から。
【行程】

WS000148.jpg

GPSのログから作成した今回のルートです。
グリグリ動かしたり拡大できるGoogleMapのモノは以下から。

2011年4月28日~5月6日 GWツーリング 行程マップ

4月28日は仕事を終えて、夜に静岡まで高速を走り、同行の友人との合流予定地まで事前に入りました。
29日は高速で草津まで行き、琵琶湖大橋で琵琶湖を渡り、比叡山を観光し、鯖街道で福井県の小浜市まで走りました。
30日は三方五湖レインボーラインを走り、一乗谷朝倉氏遺跡、永平寺を観光し、白山白峰温泉で温泉に浸かり、金沢市まで行きました。

5月1日は雨模様だったので、一日バイクに乗らず、金沢市観光に当て、金箔工芸館、兼六園、金沢城などを観光しました。
2日は能登半島一周。さざなみハイウェイ、巌門、千枚田、輪島市、金剛崎などを周り、富山市へ。
3日は富山の広域農道を突き進み、親不知で日本海の荒波を間近にした後、高速で一気に新潟まで。
昼過ぎには新潟についたので洗濯物をしたり、酒蔵見学や、海産物を物色したりと観光しました。
4日は福島入り。喜多方でラーメンを食し、磐梯山、猪苗代湖を周遊し、那須高原をかすめて矢板市で宿をとりました。
5日からはソロツーに。日光、奥日光を走りぬけ、赤城山、榛名山と走り、吹割の滝を観光し、嬬恋パノラマラインを快走し、長野県佐久市で宿泊しました。
6日はいよいよ帰宅へ。R299で十石峠を越え、甲府市でほうとうを食べ、大菩薩ライン、奥多摩周遊道路を走り、中央道で東京まで帰ってきました。

前半は友人と一緒だったので観光、グルメを織り交ぜ、後半一人になってから走り重視のルートとなりました。
全行程でおよそ2400キロ、金沢観光をのぞけば平均して1日約300キロとまあ無理のないペースで組めたと思います。

【気づいたことなど、所感】
以下列挙してみます。

1.海の幸がうまい
さすが日本海という感じでした。北陸はどこへいっても魚が美味しかったです。
鯖寿司や刺身、寿司に海鮮丼など、普段はなかなか食べない魚料理を心ゆくまで味わえました。
これほどどこへいってもうまい海の幸が楽しめるのは北陸ならではかもしれません。

2.交通量は少なめ、道路網に偏りがあり、路面は良くない
決してネガティブな意味だけではありません。
北陸地方は幹線道路は都市と都市を繋ぐ形で整備され、それを補う形で農道などが多く整備されています。
道幅は雪が降るためか、とても広く、直線的で高速コーナーが多いつくりになっていて走りやすいです。
そのため良いペースで走れ、且つ交通量の絶対量も多いわけではないため、サクサク進むことが出来ました。
反面、北アルプスなどの山脈によって道路が無い場所も多く、ルートが限られてしまうこともありました。
また、雪国特有の路面の悪さもあり、ひび割れや補修工事でデコボコしていたりしていました。

3.寒暖差が激しい
この季節は特に、海沿いの高度の低い地域と、山間部の高度の高い地域の温度差が大きかったです。
ログで高度を見ると以下のようなグラフになりました。

WS000147.jpg

平地では汗ばむほどの気温があっても、山に登れば10度以下のところもあり、なかなか調節が難しかったです。
特に福井県の白山周辺は曇りで若干小雨がパラつき、路面がウェットの中、どんどん高度が上がり霧が出て来て、道路脇には雪がまだがっつり積もっているという、なかなか厳しいコンディションでした。
他にも磐梯山周辺、榛名山、赤城山頂上付近も寒く、気温は7度といったところでした。甲府まで降りれば25度あったのですが・・・。この時期は山間部でキャンプ等するときは特に気をつけなければならないと思います。

4.スマートフォンがとても便利
3月にXperia archに機種変更してスマートフォンデビューしました
かねがねツーリングとスマホは相性が良いと思ってましたが、今回その有用性を実感できました。
ツーリングマップルは必須としても、現地の名産品、観光名所の検索や、天気、渋滞状況の詳細などが簡単に調べられ
事前のプラニングに時間をあまり割かずにうまく要所を抑えたルートを組むことができました。
Androidで特に役立ったのを以下紹介します。

24時間営業の健康ランドビューアα

全国の24時間営業の健康ランドを地図で表示してくれます。今回一番助かったアプリでした。

じゃらん観光ガイド

GPSでその場の観光スポットや美味しいお店などが検索できます。特にその地域のおいしいものを食べられる所を見つけるのに使いました。

食べ地図
じゃらんアプリ同様ですがこちらは地図で表示してくれます。たまに繋がらないことがあったので信頼性は若干お取りますが、サクっと近場の名店を検索できるので便利です。

まだまだこれから、もっと使いこなしていきたいと思うので、おすすめアプリや使い方などがあれば教えてください。

5.宿泊先は健康ランドでやすく済ませる
今回のツーリングでは8泊中5泊が健康ランドでした。
おすすめな理由を箇条書きにしてみます。

・安い・・・平均で3000円で泊まれます(無論、仮眠室的なところとなりますが・・・)
・風呂が充実・・・基本お風呂屋さんなので、サウナや露天風呂などあり、疲れを十分癒せる
・飲み食いが楽・・・食堂が付いているので、風呂上りのジャージ姿のままお酒を飲んだりできる

デメリットも当然あります。今回感じた不便な点を挙げてみます

・就寝環境が悪い・・・基本仮眠室的なところなので、プライバシーがありません。いびきがアレなひとが近くにいると最悪です。また、席が満席になると最悪地べたで寝ることになります。
・充電環境が悪い・・・携帯やカメラの充電が出来ないか有料です。フロントに言えばやってくれたりもしますが、うまくマネジメントしなくてはいけません。
・数が少ない・・・24時間営業というのはやはり全国に少ないです。それにより行程に制限がかかりすぎる可能性もあります。

宿泊様態としては、旅館、民宿、ホテルなど個室のあるもの、バンガローやテントなどのアウトドア系、健康ランドやネットカフェ等のプライバシが無いけど安いものなど、色々ありますが、価格や利便性などを考慮するとバランスが取れているのが今回は健康ランドでした。

6.雨天は思い切ってバイクに乗らない
今回は週間天気予報で事前に5月1日が天気が悪くなることが分かっていました。
それを考慮して、5月1日はいっそバイクに乗らずに観光しようということを考えていました。
そこで5月1日に一日観光して時間を潰せそうな金沢に到着するよう行程を組んでおきました。
一応、晴れたときにはバイクに乗るプランBも考えた上で直前まで様子を見て決めました。

雨の日にバイクに乗ってもいいことはあまりありません。特にR1にようなバイクだと怖いぐらいです。
かといって旅館にとじこもっていても勿体無いので、天候の悪い日を事前にしらべておいて、歩いたりして観光できるところで滞在するのが今回功を奏しました。
次回以降もこの作戦で計画は立てようと思います。


以上、主だった点を挙げてみました。
概して、天候にも恵まれ、特にトラブルも無く走り切ることができました。
今回行ったことがなかった地域も多く、新たな発見がたくさんあり、日本もまだまだ知らない所が多いことを思い知りました。

無論、今回行けた場所だけがこの地域の全てではないので、またルートを変えて色々発見する旅をしてみようと思います。

それでは次回の記事以降でカテゴリ別のレポートを書いていこうと思います。
関連記事

テーマ : バイク    ジャンル : 車・バイク


Comments

Leave a Comment

おすすめ書籍
Sponsored Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。