MOTOCENTRISM - MotoGPと世界のバイクニュース -

MotoGPを始めとした、世界のバイクに関するニュースを配信



スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MotoGP 2013 第3戦 スペインGP レビュー

Category: MotoGP  
MCR000125.jpg

MotoGP 第3戦がスペインのヘレス・サーキットで5月5日に開催されました。

2戦目までの段階で、マルケスとロレンソが41ポイントで1位、33ポイントでペドロサが3位につけていました
これをYamahaに復帰したロッシが30ポイントで追い、クラッチローが24ポイントで続いていました。

そろそろ各ライダーの実力どおりの順位が見えてくるところですが
第3戦の結果はどうだったのでしょうか?

詳細は以下から。

1.レース展開・リザルト

今回の予選トップはロレンソでした。
つづいてペドロサ、マルケスのRepsol2名が続き、クラッチロー、ロッシと並びました。

レースがスタートして、ホールショットはペドロサが奪いますが、続くコーナーではロレンソが仕掛け、再びトップに立ちます。
続いてロッシが3位のマルケスに仕掛け、3位に浮上しますが、その後すぐにバックストレートでインに入り、抜き返します。
序盤はこの順でしばらく落ち着き、ロレンソとペドロサが1秒程度3位のロッシとギャップを作ります。

動きがあったのは5周目でした。ずっと後ろから伺っていたペドロサがバックストレートでロレンソを捉え、そのまま徐々に突き放していきます。

そして今回、終盤まで激しいバトルを繰り広げたのが2位争いでした。
先行するロレンソをマルケスが何度もオーバーテイクしようと仕掛けます
しかしロレンソもペースを維持しており、なかなか抜くことができません。
ロレンソも何度かミスをしてはらんでしまいますが、うまくカバーしてミスを付くこともできません。
むしろマルケスの方が仕掛けた際にマシンが暴れ、際どいシーンが何度かありました。

レースは順位はそのままで水面下での駆け引きが続きました。
そして最終ラップでロレンソとマルケスのバトルに決着がつきました。

ラストラップではマルケスがかなりプッシュし、ロレンソの真後ろに付けます。
そしてロッシをオーバーテイクしたHondaの強みの活かせるバックストレートでロレンソに並びかけます。
しかしマルケスは無理をしたのか、インに付けずに大きくはらんでしまい、失敗に終わります。

とは言えマルケスはそこからも諦めませんでした。
はらんだ分、差が開いたのですがそこから猛追し、ラストコーナーまでに再度真後ろに付けます。

そしてラストのヘアピン、開催前に「ロレンソコーナー」と命名された13コーナーでマルケスが再度仕掛けます。
マルケスがインに強引に入りますが、クリップに付くことが出来ず、またはらんでしまうラインとなってしまいました。
そこにロレンソのラインと交わり、両者は接触、転倒はしませんでしたが、ロレンソはアウトに弾き飛ばされることとなりました。

これで最終コーナーまでもつれた2位争いは決着し、マルケスが力技で2位を獲得しました。

1位は危なげない走りで独走していたペドロサが獲得し、母国グランプリでの優勝となりました。

4位にはロッシ、5位にはクラッチローが続き、Ducati勢では7位にヘイデンが入りました。

MCR000131.jpg

MCR000130.jpg


Yamaha:MotoGP



2.ライダーコメント

主だったライダーのレース後のコメントを抜粋して紹介します。

1位:ペドロサ

「美しいレースでした。うまくマシンを走らせることができました。タイヤは本当に限界で、そのため、あまりプッシュできず、気をつけて走らなければいけませんでした。それでもレースを通じて、いいアドバンテージを維持し、結果的にホームで優勝を飾ることができました。」

2位:マルケス

「なるべくロレンソに近づいて、ついていこうとしましたが大変でした。ロレンソとの差はあまり縮められませんでしたが、同時に引き離されないように走りました。とてもハードなレースでした。」
「ファンにとっては、レース終盤がとてもおもしろかったと思います。ロレンソには謝りたいです。あれはレーシングアクシデントでした。限界で走っているときの最終ラップで起きたことです。2人とも完走できたのが一番大事なことでした。」

3位:ロレンソ
「ずっと2位をキープしていながら最終コーナーで逆転されてしまったのだから、完璧なレースはできなかったということ。」
「今日はふたつのミスをした。ひとつめがスタート。もうひとつは最終ラップの最終コーナーだ。マルケスはもっとずっと後ろにいると思っていたので、ディフェンシブなラインをとっていなかったんだ。これは完全に僕のミス」

4位:ロッシ

「コンディションにも悩まされ、最大限の努力はしたつもりだけれど、やっぱりこれ以上は無理だったんだ。」
「決勝前にセッティングを調整し、好スタートを切ることができた。これでトップグループに入ることができたんだけれど、そのままついて行くにはスピードが不十分だった。ラップを重ねるごとに差が広がってしまうんだ。」

From:
Honda:MotoGP
Yamaha:MotoGP


3.ランキング

第3戦を終えてのポイントランキングは以下のとおりです。

MCR000128.jpg

Honda:MotoGP

ルーキーのマルケスが61ポイントでトップポイントを獲得しています。
続いてペドロサの58ポイント、ロレンソの57ポイントと、この3名がトップ争いで僅差で並んでいます。

4位はロッシで43ポイント、5位のクラッチローは35ポイントとそれぞれ10ポイント程の差で続いています。

4.マルケスのオーバーテイク

MCR000129.jpg

最終ラップのマルケスのオーバーテイクについては波紋を呼ぶ行動となりました。

関係者もそれぞれコメントしており、以下主だったもの紹介します。

クラッチロー:
「マルケスが悪いとは思わない。ロレンソでも同じ事をしただろう」
「彼が危険なライダーかと言うと、違うと思う。彼はハードなライダーであって、違いがある」

ロッシ:
「1度しか見ていないのでよくは分からないが、いわゆる最終ラップの最終コーナーの出来事だ」
「マルケスはかなりプッシュしていて、ロレンソはインにスペースを開けていた。そしてマルケスがインに入って接触してしまった。ロレンソが起こるのも無理は無い。しかしそれがレースだ」

ズィーレンベルグ(Yamaha Factory Team マネージャー)
「レースディレクションが(マルケスに対し)なにもしないというのなら、それを受け入れ、前に進むしかない」
「転倒が起きなかったのは良かった。もし転倒していればマルケスはペナルティを受けていただろう。彼のオーバーテイクは明らかに限界を超えていた」
「もしロレンソと接触しなかったら彼は外に大きくはらんでいただろう。マルケスは明らかにロレンソを壁にして曲がることができたからだ」

「ロレンソは前の右コーナーを出てからアウトにラインを取り過ぎ、インを開けすぎてしまった」
「ロレンソは1速でコーナーに入り、タイトなラインでブロックするはずだったが、ロレンソ自身がマルケスがもっと後ろにいると思い込んでいた」

motomatters:Reaction To The Last-Corner Incident At Jerez: Rossi, Crutchlow, Smith, Suppo, Zeelenberg And Poncharal Speak

ざっと見るに、基本的な論調は「レースでの出来事」とする考えが多いようです。
とは言え、ズィーレンベルグにように、厳しく非難する声もあります。

個人的にはちょっと無茶だったのでは、と見ていた思いましたが
とは言え、綺麗に走るだけがレースで無いわけで、こういった接戦を制することも強いライダーの条件なのかとも思います。




さて、第3戦を終えて、今回の2位争いを制したマルケスがランキングトップに立ちました。
ルーキーとは思えない堂々とした走りで、早くも3強の一角としての位置を確立しつつあります。

ただ、若さなのか、ハングリー精神なのか、やや危なっかしいところもこれまで通り残っているので
アクシデントだけは気をつけて今後のレースも活躍してほしいとおもいます。


さて、次回は5月19日にフランスのル・マンにて第4戦が開催されます。
前回今回とトップになかなか絡めていないロッシがそろそろ活躍してくれるともっと面白くなると思うので
そのあたり期待しながら見たいと思います。

関連記事

テーマ : モータースポーツ    ジャンル : 車・バイク


Comments

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: リザルト表記の件
k-5様

ご指摘ありがとうございます!
ボケてました・・・早速修正しました

これからも時々見てやってください!
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

Leave a Comment

おすすめ書籍
Sponsored Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。