MOTOCENTRISM - MotoGPと世界のバイクニュース -

MotoGPを始めとした、世界のバイクに関するニュースを配信



スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MotoGP:Tech3 1000ccマシンの開発を開始 - サテライトからCRTへの動き -

Category: MotoGP  
WS000361.jpg

MotoGPについては、これまでも何度か取り上げていますが
2012年度からの新たな制度としてCRT(クレイミング・ルール・チーム)が誕生します。
CRT制度については以下の記事等で取り上げてきました。

5月13日記事:MotoGP 2012年 新レギュレーション:CRTルールで参戦チーム増加の見通し

6月2日記事:MotoGP 2012年 CRTチーム Aprilia、BMWのエンジンを使用しての参戦か

すると、チームの分類は大雑把に以下の3種類となります。

ファクトリーチーム:メーカーの運営するチームで、メーカー開発のファクトリーマシンを使用して参戦
サテライトチーム:非メーカーの運営するチームで、メーカー開発のマシンをリース契約等で使用して参戦
CRTチーム:非メーカーの運営するチームで、市販の1000ccマシン(エンジン)等を利用し(シャシー等が)オリジナルのマシンで参戦

現在Tech3チームはMotoGPに「Monster Yamaha Tech 3」として参戦しており、YZR-M1をリース契約し使用しているいわゆる「サテライトチーム」になります。

これが今後は1000ccマシンを開発し、CRTチームとしての参戦を計画しているとのことです。

詳細は以下から。


WS000362.jpg

MCN:Tech 3 to build MotoGP chassis

1.コトの背景

MotoGPが抱える現在の問題は、参戦チーム数の減少です。
これは事象としての結果ですが、その理由は参戦コストの上昇です。
これに対する対策としてのCRT制度の導入となり、MotoGP運営会社のDornaはCRT制度での参戦チームを増やしていく方針を取っていくようです。

11月18日記事:MotoGP CRT制度:運営は推進の方針 ライダーの賛否両論

上記記事内で紹介していますが、DornaのCEOであるエスペレータは「MotoGPマシン(プロトタイプマシン)をリースで使用するチームには資金的援助をしないことに決めた。DornaはCRTのみ支援することとする。」ともコメントしており、サテライトチームへの支援を打ち切り、CRTを推進していく方針を明言しています。

Tech3のCRTマシン開発にはこの運営がの方針が背景にあるものと思われます。

2.1000ccマシン開発プロジェクトの進め方

上記MCNの記事によると、Tech3は2013年までYamahaのYZR-M1をリースする契約を結んでいるようです。
しかしながら、1000ccマシンのプロジェクトは今後のために進めていくことが決まっているようです。

スケジュール的には、2012年の初夏頃にはトラックテストができるとの見通しのようです。
Tech3チームのボスであるHerve Poncharal(エルベ・ポンシャラル)は、「プロジェクトは開始するが、少なくとも2013年までは新開発のマシンがレースに出ることはないだろう。このプロジェクトは全く別軸であり、YamahaとのM1のリース契約も2013年末まである。なので混同することはないだろう」
「2012年中はマシンの開発に専念し、春の下旬か夏の初旬にはマシンの実地テストへ進みたい。チームとして2013年まではYamahaのM1を使用するが、もし新開発のマシンが2012年中のテストで良いポテンシャル示せば、誰か他のライダーを使ってのレース投入もあり得る」とのことです。

また、マシンのリース契約の切れる2013年以降に契約を更新しないとしても、チームとして10年以上のYamahaとの関係を解消しようとは考えていないようです。ポンシャラルとしては、マシンのエンジンはR1のものを想定しており、それはYamahaへ打診済みとのことです。
ポンシャラルは「マシンにはR1のエンジンを使う。そこでYamahaにチームの計画を説明し、どのようなサポートがYamahaから得られるか打診した。仮に、ワールドスーパーバイクで使用されているR1のエンジン性能に近いものを得られるのであれば、競争力のあるマシンになると思う。」とコメントしています。

3.サテライトからCRTへの傾向

Tech3の動きは実は真新しいものではありません。
2012年からすでにサテライトチームがCRTマシンを走らせる、あるいは2011年にはサテライトチームだったチームがCRTチームへと鞍替えする動きはあります。

まず、San Carlo Honda Gresiniチームは来年から1台CRTマシン(CBR1000RRのエンジン)をレースに投入します。

MotoGP.com:サンカルロ・ホンダ・グレシーニ、CRTにピロを起用

そして、Mapfre Aspar Team MotoGPチームはDucatiのサテライトチームからCRTチームとして参戦します。

MotoGP.com:アスパル・チーム、R.ドプニエ&A.エスパルガロの起用を発表

CRTチームについて言えば、新たに参戦してくるチーム(BQRやFoward Racing等)と、サテライトから鞍替えするチームとの2パターンが存在しています。

Tech3の動きは残りのサテライトチームにも影響を与えそうです。
また、他のCRTチームがマシン開発をSuterやFTRといったマシンビルダーに委託している所を、自前で開発するという点で言えば、資金力や技術力においてまた違ったCRTマシンのストーリーを見せてくれるかもしれません。

再度エスペレータのコメントを引用しますが
”Moto2チャンピオンのブラドルはMotoGPに参戦するのに400~500万ユーロを要求されたのは馬鹿げた話だ。どうやってそんな額が用意できようか?チームの資産にもならないリースのマシンに400万ユーロも支払えるだろうか?こんな時代は終わったのだ”
ということのようです。

賛否両論ある新制度ですが、新しいレースのあり方を模索し努力するチームを
とりあえずは応援していきたいと思います。
関連記事

テーマ : モータースポーツ    ジャンル : 車・バイク


Comments

CRT制度楽しみです。
CRT制度関連記事「賛否両論」も読みました。
僕はCRT制度大賛成だと思います。MOTOGPを真剣に見だしたのは今年からで、まだMOTOGPに詳しくない自分でも今シーズン全グランプリを見て感じた事、
「MOTOGPってこんなに台数すくなかったっけ?」
「ホンダ強すぎないか?Moto2に比べてバトル少ないな・・」
「あのマシン性能じゃしばらくホンダの時代が続きそう」
ってことでCRT制度で参加チームが増えた方が見る方としては楽しいんですけどね。
(ヤマハ党だからただひがんでるだけかもしれませんけど^^;)
Re: CRT制度楽しみです。
コメントありがとうございます!
ご指摘の通りで、本当に今のMotoGPは寂しい思いがします。
もはや3メーカーしかいなく、しかもHondaが支配的強さという状況は、興も冷めますよね。

CRT制度もどの程度の可能性があるのかまだわかりませんよね
しかし現状を変えてくれれば、とも少し期待もしています。

引き続きこのテーマ追っていきますので、また見てくださいね!
motoGPの詳細情報掲載ありがとうございます!最近こちらのブログを知りました。

レイニー・シュワンツの頃からGPを見ていますが、最近のデバイスモンスターマシンにはなんとも複雑な気分を抱きます。DCTで15ラップ3秒のアドバンテージなんてレースにならないですよ・・・運ちゃんのテクニックでもなんでもないんだから・・・ただ、ストーナーはどうもそれほどデバイス使ってないらしいですね、それでチャンプ獲るんですからすごいことだと思いますよね。

で、GP・・・どうなんでしょう、個人的にはCRTとワークス、もう少しイコールコンディションに持って行ってほしいと思います。となるとECU共通化か、センサー類の一定の範囲以外(許されるのはせいぜいスロットルとギアポジションくらい、とか?)の禁止でしょうか。あるいは乱暴に考えれば燃費(タンク容量規制)を厳しくしつつインジェクション禁止、キャブに戻すとか?マシン買取制度でワークスの資金を実質的に規正するとか?

マシンの構造や機構は原始的、乗りにくい。でもハイパワー・軽量、そんなマシンがGPのグリッドを埋めるようになれば、それはそれでSBKとは一定の差別化は図れるでしょうし、昔ながらのマシンと格闘しながら他のライダーと競り合うGPの復活になるかも・・・

以上、古き良き時代をどうしても回顧してしまうオールドGPファンのボヤキ、でした。
これからも楽しく閲覧させていただきたいと思います。ではでは。
Re: タイトルなし
遅くなりましたが、コメントありがとうございます!

実際CRT制度とその先の回転数規制などの話は実際効果はやってみないとわからない部分が多いですよね。
一方で純粋なメーカー同士の技術力の勝負を見たいという想いもかなり強いですが、マシンはある一定のクオリティで、その中でたくさんのチームがあの手この手で工夫して優勝を勝ち取るっていうのもまた面白いと思います。

如何せん、運営側は方針については腹決めてやるみたいですが、制度が狙った通りの効果がでるか、それが2012年のシーズンでは注目すべき点かなーとおもってます。

Leave a Comment

おすすめ書籍
Sponsored Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。