FC2ブログ

MOTOCENTRISM - MotoGPと世界のバイクニュース -

MotoGPを始めとした、世界のバイクに関するニュースを配信



スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイクは規制されるべきか?:先進国の動向

Category: 世界のバイク事情  
110627.jpg

バイクは危険な乗り物だということはライダーが最もよく分かっていることかと思います。
そのリスクの許容度というのは、経済の発展、社会における必需性、文化の変容によって絶えず変わっていくものです。

そして先進国においては、さらなるバイクに対する規制論が起こりつつあるようです。

それらを我々ライダーはどのように受け止めるべきなのでしょうか?
詳細は以下から。
WS000199.jpg

Auto Erotica: It's time to ban the motorcycle

アメリカのSun Sentinelをいう新聞において、「今こそバイクを禁止すべき」というセンセーショナルな記事が掲載されました。

この記事では、クルマの死亡率は10万人に14人であるのに対し、バイクは72人と5倍以上、ライダーの死亡率は11%であること、そしてNOxなどの排出量がクルマの10~20倍であることを指摘しています。

さらに、この死亡率の高さによって、保険料が上がり、訴訟により時間がかかり、さらに事故処理に公共サービスが割かれていると主張しています。

これらのことから、バイクは公道を走るべきではないと記事では結論づけています。

それに対するコメントは現在75件程あり、議論が紛糾しています。
ざっと見ると、記事の意見には反対のモノが多く、バイク事故はクルマのドライバーの不注意でも起こっていることや、バイクが悪いわけではなく、一部の馬鹿なライダーの問題であり、銃と同様、物自体を規制するのはナンセンスだという意見が多いようです。

それにしても、このような記事がまかり通る事自体が不名誉なことでもあります。

また、欧州はフランスにて、新たな規制について大規模な反対運動が起きています。

WS000200.jpg

Twowheels:Mass motorcycle protest in France

フランスでは、今後導入が検討されている新しい規制についてバイクが不当に狙い撃ちされているとして、大規模なバイクによる反対運動が展開されました。

その中身は記事によると以下のとおり;

・High-Viz(高被視認性素材)の蛍光色ジャケット着用の義務化
・ライセンスプレートの大きなものへのサイズ変更
・すり抜けの禁止
・スピード警告機を取締機へ変更
・オービス(ネズミ捕り)警報機の取り付け禁止
・5年間以上のブランクのあるライダーに対する追加講習の受講
・50キロ以上のスピート超過は懲役刑(バイク・クルマ問わず)

これに反対すべく、FFMC(フランス怒れるライダー連盟)が音頭を取り、6月19日にデモが行われました。
フランス全土でおよそ10万人のライダーが参加し、反対の意思を表明すべく走りまわったそうです。

動画はこちら



参考Photo:
Motojournal:Manifs du 18 juin : la contestation a fait le plein partout en France

Bikes in the fast lane:Anatomy Of A French Motorcycle Protest Ride

かなり大規模なデモとなったようで、今後の導入に影響を与えそうです。

----------------------------------------------------
このように、先進国において規制強化論というのはあとを絶ちません。
日本においても排気ガス規制強化(リプレイスマフラー規制)、路上駐車の取締厳格化、一定区間の二輪通行禁止措置(の検討)など、同様の傾向となっています。

このような流れを、我々ライダーはどのように受け止めるべきでしょうか?
まず、一番重要なことはライダー一人ひとりがこのような規制の妥当性を検討し、評価し、意見を述べることだと思います。
バイクの事故はそのすべてが「バイクが危険な乗り物」だからというところに帰結するわけではありません。
例えばバイクとクルマの事故が多発するのはバイクが見えづらいからだといって、ライダーだけに蛍光色のジャケットを着させるような措置はやはりおかしいと言わざるを得ません。
また、駐車違反の厳格化については、それでもやはり、二輪用の駐車場の整備が遅れていることは行政の不備であると言わざるを得ません。

私自身、上記に挙がるような規制の全てがナンセンスだとも思いません。
しかしながら、何が問題で、何がなされるべきかについては、十分な問題の「仕分け」を行い、それぞれに対策が講じられるべきであると思います。
関連記事

テーマ : バイク    ジャンル : 車・バイク


Comments

プロテクター付けています。
バイクに乗るときは必ず、ヘルメットと胸プロテクターを着けています。(来年あたり首と背中(ハードに変える)を追加しようと思っています)
ただ、バイクが好きな人ならプロテクターを付けることも苦にならないでしょうが、いろいろ義務化すると売れ行きは間違いなく落ちますね。

Leave a Comment

おすすめ書籍
Sponsored Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。