MOTOCENTRISM - MotoGPと世界のバイクニュース -

MotoGPを始めとした、世界のバイクに関するニュースを配信



スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MotoGP 電子制御:2013年からDornaがECU提供開始

Category: MotoGP  
MCR000076.jpg

MotoGPのマシンは今や電子制御技術の塊といっても良いでしょう。
ありとあらゆるデータが収集され、演算され、パフォーマンスの最適化が行われています。
よく言われる、トラクションコントロールや、ウィーリーコントロール、ローンチコントロール(スタート時の制御)なども全て電子制御によって行われています。

そしてその技術の作りこみの度合いはマシンのパフォーマンスに大きく影響するに至っています。

参照:2011年11月26日記事:MotoGP エドワーズが語るCRTマシンの課題:電子制御技術


さて今回、Dorna(MotoGP運営会社)はマニエッティ・マレリ社のECUを全てのチームに提供すると発表しました。
「全車に提供する」だけであって、全車が使用しなければならないわけではありませんが
これまで議論に上がっていた「統一ECU」に向けての一歩とも捉えることができます。

今回これが決まった背景にはどういった動きがあったのでしょうか?
そして今後はどうなっていくのでしょうか?

では詳細は以下から。

Continue


このエントリーをはてなブックマークに追加share on Tumblr
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : モータースポーツ    ジャンル : 車・バイク


世界の二輪総需要:世界マーケット中での日本の位置づけ

Category: 世界のバイク事情  
MCR000074.jpg

From:UltimateMotorcycling:Kawasaki Ninjas Invade Times Square

9月19日に日本国内4メーカーらで構成する、二輪車特別委員会が「二輪4社合同記者会見」を行いました。

Car Watch:2輪車の高速道路料金適正化のため、国交省に要望書を提出

この会見では、現在の2輪車市場の状況、利用環境改善への取り組みなどが発表されました。

今回は上記記事内で公表されている当日の資料を基に、現在の世界のバイク市場の規模や傾向を分析し
今後の世界の中での日本のバイク業界・市場はどういう位置づけになるのかなどを考えてみたいと思います。

では詳細は以下から。


Continue


このエントリーをはてなブックマークに追加share on Tumblr
関連記事

テーマ : バイク    ジャンル : 車・バイク


インセンティブで安全運転を促す取り組み

Category: 世界のバイク事情  
MCR000070.jpg

バイク乗りにとって、交通事故、安全運転については真剣に考えなければならないテーマです。

MCR000071.jpg

図表:警視庁:二輪車の死亡事故統計

昨年、日本の交通事故死亡者における二輪運転者は18%、およそ5人に一人を占めます。
交通量の比率からすれば、やはり多いと言わざると得ないでしょう。

バイクはそもそも趣味性の高い乗り物で、楽しさを優先してしまうと安全運転が疎かになり
事故に遭うリスクも高まってしまいます。
バイク乗りはそれぞれがこのテーマをきちんと自分の中で考えておかなければいけないと思います。

では一方で、社会的システムとして安全運転を推進し、交通事故を減らすにはどういった取り組みが理想的なのでしょうか?

7月13日記事:バイクの安全性への取り組み:最適なアプローチは?

上記記事の最後に、現在の懲罰ベースのシステムに加え、インセンティブベースのアプローチの有効性が調査で判明したことを紹介しています。
つまり、安全運転をした運転者に対して褒美を与えるというシステムです。

そして、この考え方に基づいたシステムが実際にUAE(アラブ首長国連邦)で導入され始めました。

今回はその内容について詳しく見てみることにします。

では詳細は以下から。


Continue


このエントリーをはてなブックマークに追加share on Tumblr
関連記事

テーマ : バイク    ジャンル : 車・バイク


MotoGP 2012 第13戦 サンマリノGP レビュー

Category: MotoGP  
MCR000066.jpg

MotoGPの第13戦、サンマリノGPが
9月16日にイタリアのミサノサーキットにて開催されました。

コンディションはドライ、気温は23度と比較的涼しい環境で開催されました。
しかしながら、金曜日は天候が荒れており、FP1、FP2は大半のライダーがテストを見合わせるという事態が起きていました。

テストの絶対量が足りていないという普段と違う状況に加え、まさにレーススタート時にもトラブルが起きてしまい、レースは波乱の兆候を示していました。

さて、このような通常と少し違う状況のなか、誰が強さを見せたのでしょうか

詳細は以下から。

Continue


このエントリーをはてなブックマークに追加share on Tumblr
関連記事

テーマ : モータースポーツ    ジャンル : 車・バイク


おすすめ書籍
Sponsored Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。