MOTOCENTRISM - MotoGPと世界のバイクニュース -

MotoGPを始めとした、世界のバイクに関するニュースを配信



スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MotoGP Yamahaのロッシ契約の事情と2013年のチームの展望

Category: MotoGP  
MCR000059.jpg

先週末、チェコGPが開催されたブルノ・サーキットにて、今週初めにオフィシャルテストが開催されていました。

とりわけ注目されたのは、早々と2013年マシンをテストしたロレンソではないでしょうか。

MotoGP.com;J.ロレンソ、2013年型プロトタイプをシェイクダウン

上記公式には明示されてはいませんが、今のところ「新しいシャシーについては改善点は見つけれらなかった」とのことです。

Crahs.net:Lorenzo: No improvement with 2013 chassis

ともあれ、来季に向けて一足早く準備を進めつつあるYamahaですが、来年の同ワークス・チームの話題と言えばロッシの復帰でしょう。

この、ロッシとの再契約の経緯についてと、来年のチーム体制について
チームのボスであるリン・ジャービスがチェコGP前にプレスカンファレンスで言及していました。

わかりやすく一つ一つ説明してくれているので以下にまとめてみます。

では詳細は以下から。

Continue


このエントリーをはてなブックマークに追加share on Tumblr
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : モータースポーツ    ジャンル : 車・バイク


MotoGP 2012 第12戦 チェコGP レビュー

Category: MotoGP  
MCR000054.jpg

MotoGPの第12戦が8月26日にチェコで開催されました。

このレースでは負傷による欠場が相次ぎました。

まず、現在ランキング3位だったストーナーが欠場となりました。
前回のインディアナポリス予選での転倒の右足首の骨折の治療のため、オーストラリアに帰国することとなりました。

MotoGP.com:C.ストーナー、手術のため豪州に帰国


ストーナーは「フィリップアイランドの前には戻ることができると思う。実際には手術次第。1戦でも早く戻りたい。シーズン末までには、数戦に走りたい。」と語り、残念ながらしばらくは欠場となる見通しです。

また、Ducatiのヘイデンも前回の右手の骨折の状況から欠場を決めました。

MotoGP.com:N.ヘイデン、次戦の欠場を決断

ヘイデンは次戦9月16日のミサノ戦復帰を目指して治療中とのことです。

というわけでとりわけストーナーがしばらく欠場となり、優勝争いはそろそろYamahaのロレンソと、Hondaのペドロサに絞られてきました。
そして今回、その両者が優勝をかけてトップ争いを繰り広げ、勝負は最後の最後までもつれることとなりました。

では詳細は以下から。

Continue


このエントリーをはてなブックマークに追加share on Tumblr
関連記事

テーマ : モータースポーツ    ジャンル : 車・バイク


MotoGP ロッシのYamaha復帰とその影響

Category: MotoGP  
MCR000049.jpg

既に噂としてリークしていたことですが
ついにロッシのYamahaへの移籍がオフィシャルにアナウンスされました。

2010年にYamahaを去り、DucatiよりMotoGPに参戦していましたが
この期間、マシンとの相性なのか、あまり結果を挙げられていませんでした。
今回、復帰となるYamahaで来年意向のロッシがどの程度できるのか、注目の集まるところです。

今回はまだ速報程度しか情報がないので
ロッシ移籍の及ぼす業界への影響などの私見を下記連ねてみようと思います。

では詳細は以下から。

Continue


このエントリーをはてなブックマークに追加share on Tumblr
関連記事

テーマ : モータースポーツ    ジャンル : 車・バイク


バイク盗難対策の先進的取り組み

Category: 世界のバイク事情  
MCR000042.jpg

バイクオーナーにとって、悩ましい問題が盗難です。
友人、知人が盗難の被害にあったという話は何度か耳にする程、頻繁に起きています。

日本について言えば、2011年のバイクの盗難認知件数は67,776で、その検挙率は11.8%となっています。

e-stat:平成23年1月~12月犯罪統計(確定値)

2010年のバイク保有台数は1247万7千台なので割合としては被害に合う率は0.5%程度ですが、それでも毎日185台が盗難被害にあっていることになります。

オーナーとしても盗難対策として、カバーやロック、アラームなどを購入するなどの金銭的負担も大きく、問題は深刻です。

バイクオーナーが安心して寝れるようにすべく、現在も様々な取り組みがされているわけですが
今回はイギリスの官・民・業界団体一体となった、ハイテクな取り組みを紹介したいと思います。

では詳細は以下から。

Continue


このエントリーをはてなブックマークに追加share on Tumblr
関連記事

テーマ : バイク    ジャンル : 車・バイク


おすすめ書籍
Sponsored Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。