MOTOCENTRISM - MotoGPと世界のバイクニュース -

MotoGPを始めとした、世界のバイクに関するニュースを配信



スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MotoGP改革の方向性:規制論より市場拡張、価値向上を

Category: MotoGP  
WS000406.jpg

MotoGPが現在直面している問題点については、これまでも何度か取り上げてきました。

かなり端的に言うならば、不況によりMotoGPセクター(メーカー、チーム、ライダー、潜在的スポンサー)に資金が集まらなくなったことが原因です。
これにより、コストを抑えて継続するべきという方向性で対応策をまとめているところです。

MotoGP 2013年以降のレギュレーション協議中:2015年には全マシン同レベルに

上記記事にまとめてある通り、現在運営のDornaやメーカー(MSMA)などが議論をしているところですが
Yamaha Racingのボス、リン・ジャービスは、また別の観点からこの問題を捉え、改革の方向性を示唆しています。

詳細は以下から

Continue


このエントリーをはてなブックマークに追加share on Tumblr
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : モータースポーツ    ジャンル : 車・バイク


MotoGP 2013年以降のレギュレーション協議中:2015年には全マシン同レベルに

Category: MotoGP  
WS000403.jpg

先週末の23日から25日までの期間、ヘレスでプレシーズンテストが行われたわけですが
その際に、MotoGP運営会社DornaとMSMA(モーターサイクルスポーツ製造者協会:つまりHonda、Yamaha、Ducati)と今後のレギュレーションについて議論が行われました。

このミーティングについてDornaのCEOのエスペレータは以下のようにコメントしています。

「これまでの数回の協議の中で、チャンピオンシップの理念について議論した。興行性を考えつつ、どのようにして経済的な点からチャンピオンシップを改善していけるかを議論した。我々からメーカー側(MSMA)に提案し、いくつかは受け入れられ、いくつかは反対された。彼らの主張をよく考えた上で、カタールでの交渉の場に臨み、チャンピオンシップを経済的に妥当性を保った上で良くできるか、合意に至りたいと思う」

MotoGP.com:Dorna Sports SL and MSMA discuss further MotoGP™ cost reductions

さて、具体的にはDornaとMSMAでどのようなレギュレーションの変更が議論されたのでしょうか?
その内容を以下に詳しくみていきたいと思います。




Continue


このエントリーをはてなブックマークに追加share on Tumblr
関連記事

テーマ : モータースポーツ    ジャンル : 車・バイク


MotoGP プレシーズンテストFinal ヘレステスト

Category: MotoGP  
WS000396.jpg

MotoGPのプレシーズンテストが3月23日から25日の日程で開催されました。
開幕まで残り2週間となり、オフシーズンの取り組みの集大成をテストしあうという、重要な機会となります。

マシン、ライダーともに開幕戦とほぼ同じレベルまで仕上げてきているであろうコンディションでのテストなので
今シーズンを展望する上で注目されるテストとなりました。

HondaのストーナーとYamahaのロレンソの頂上決戦、Ducatiの仕上がり具合、また今年からの新制度、CRT(クレイミング・ルール・チーム)のマシンの実力はどのようにみればよいのでしょうか?

詳細は以下から

Continue


このエントリーをはてなブックマークに追加share on Tumblr
関連記事

テーマ : モータースポーツ    ジャンル : 車・バイク


おすすめ書籍
Sponsored Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。