MOTOCENTRISM - MotoGPと世界のバイクニュース -

MotoGPを始めとした、世界のバイクに関するニュースを配信



スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調査結果:バイクが好きなのは遺伝する?

Category: バイク学科  
MCR000063.jpg

なぜバイクを好きになったのかという質問については
十人十色といったところでしょう。

なんとなく直感が働いたとか、かっこつけたいとか、家族や友人の影響とか
様々でしょう
また、バイクに期待すること、自分にとってバイクとは何か?という答えについても
また人それぞれかと思います。

とはいえ、バイクという性質が基本的に2輪であって乗り物である以上、大きくくくれば普遍的な価値をもっているとも言えます。

するとそれに惹かれる人、惹かれない人についてはその人の性質にもなんらかの傾向があるはずです。

今回、イギリスで行われた調査では、バイクが好きになる性質は事実上「遺伝」すると結論づけています。

なんとなくわかるような話ですが、調査の詳細を見てみることにします。

Continue


このエントリーをはてなブックマークに追加share on Tumblr
スポンサーサイト

テーマ : バイク    ジャンル : 車・バイク


ストーナーが語るバイクのリアスライド方法

Category: バイク学科  
WS000457.jpg
Captured From:Youtube:Casey Stoner 2011

2011年のMotoGPクラスチャンピオンであるストーナーですが
彼のライディングで特徴的なのはアグレッシブに攻めた時に見られる派手なリアスライド(ドリフト)です。



ストーナーは近年の傾向である、トラクションコントロールなどの電子制御技術をなるべく敬遠し、マシンをコントロールするアプローチを取っています。
例えば先日のカタールのプラクティスでは「電子制御系をさらに弱めることができ、リアのフィーリングがよくなり、自信がついた」と語っています。

MotoGP.com:Mixed results for Stoner and Pedrosa

そんなストーナーがリアスライドについて、どう考えて行なっているのか語っています。

では詳細は以下から。

Continue


このエントリーをはてなブックマークに追加share on Tumblr

テーマ : バイク    ジャンル : 車・バイク


バイクの冬対策:冬季ライディングはスキルアップにつながるか?

Category: バイク学科  
WS000354.jpg

Via:Youtube:Palatinus Attila - Ice Riding 2.0

いよいよ12月に入り、本格的な冬が到来しました。
バイク乗りにとっては一番つらい季節かもしれません。

ツーリングでは無慈悲に体温を奪う寒さと戦い、路面の雪や凍結に神経をすり減らさなければなりません。
また、レース活動もウィンターブレイクとなり、やもすればつまらないシーズンになってしまいます。

そこで今回は2つのテーマを取り上げてみます。

1.冬のライディングはライディングスキルの向上につながるのか?
2.冬季に乗れない場合は、バイクの保管はどうすべきなのか?

年の瀬が迫り、忙しい毎日ですが、これらのことに思いを巡らせて、なるべく早めに冬対策をしておきましょう。

詳細は以下から。

Continue


このエントリーをはてなブックマークに追加share on Tumblr

テーマ : バイク    ジャンル : 車・バイク


ライディング時の目の動かし方:トレーニング方法

Category: バイク学科  
WS000271.jpg

ライディングにおいて、視覚からの情報は最も重要なものです。
教習所でも習いますが、一般的に人間の視野は静止時に200度あるものが、時速40Kmで走行中には100度にまで半減します。高速道路などで時速100Kmで走行中には40度にまで低下します。

参考:交差点予知情報:スピードと視覚

このような人間の視野の特性を前提とし、バイクのライディングの際に目線はどのように動かせば最も効果的に視覚からの情報を得ることができるのでしょうか?

ヒトの視覚の問題点と対処法、トレーニング方法について詳細を見ていくことにします。

Continue


このエントリーをはてなブックマークに追加share on Tumblr

テーマ : バイク    ジャンル : 車・バイク


おすすめ書籍
Sponsored Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。